創立55周年記念事業

『森保一監督 基調講演~世界で戦う人となれ~』

背 景 

 創立55年を迎えるにあたり、私たちはこれまでの歩みを振り返り、未来への架け橋を築きたいと考えています。かつて子どもたちは、夢を持つことが自然なことであり、その夢はしばしば現実離れした憧れの職業でした。夢を持つことは、困難に立ち向かい、チャレンジする精神を育む源泉であったと言えます。しかし、時代の変化と共に、現代の子どもたちは成人への憧れを持ちにくくなり、夢や希望を見いだすことが以前よりも難しくなっています。この変化の背景には、デジタル化の進展、経済的な不安、教育環境の変化など、多岐にわたる要因が

あります。これらの要因は、子どもたちの夢や希望を育む環境に影響を及ぼし、彼らの未来に対する見方を変えてしまいました。 

30年前、私たちの先輩たちは、子どもたちが夢を持ち続けることができるような地域を作ることを願い、「サッカーによるまちおこし」運動を展開しました。この運動では、サンフレッチェ広島少年サッカー教室の開催や、プロサッカーチームが練習や合宿を行うためのサッカー場(ふじスポーツ広場)の造成、サンフレッチェ広島VSコンサドーレ札幌のエキシビションマッチ開催など、子どもたちが大人になっても夢を持ち続けられるように、「夢の続き」を提供しました。 

 今、私たちもその責任を担う世代となり、先輩たちや地域社会への恩返しをする時が来ました。次世代の子どもたちが夢を持ち、希望を抱き、逆境に負けない強い心を持った青年へと成長してほしいと願っています。創立55周年スローガン『想創 ~夢の続きを~』は、先輩たちの私たちへの行動に対する感謝の気持ちを忘れず、次世代の子どもたちに「夢の続き」を創り出す決意を表しています。この理念に基づき、スポーツを通じた地域活性化と、次世代の子どもたちに夢や希望を与える「スポーツを軸とした地域未来ビジョン」の実現に向けた運動が必要だと考え、本事業を計画しました。

 

記念事業の目的 

 本事業を通じて、スポーツを通じた地域振興が子どもたちに夢と希望を与え、国内外で戦うことの難しさ、そしてサッカーだけでなくスポーツ全般が持つ可能性や魅力を伝え、何事にも挑戦する重要性やスポーツによる地域振興のポテンシャルを高めることを目的とします。 

さらに、子どもたちだけでなく、大人たちも地域スポーツの未来を支え、官民一体となったスポーツによる地域振興を目指します。 

 

 

お申し込みフォームはこちら↓※応募多数の場合、抽選となる場合がございます。


ご協賛企業

Coming soon

Coming soon


Coming soon

Coming soon