新年のご挨拶

 

 新年あけましておめでとうございます。謹んで新年のご挨拶申し上げます。平素は、一般社団法人栗山青年会議所に格別なるご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

 

 私達、青年会議所は1969年創設以来、多くの先輩諸兄がこの地域に「明るい豊かな社会を築きあげよう」と地域発展のために志を高く持ち、地域の皆様のご協力をいただきながら地域に山積する課題を解決するために今日まで活動をしてまいりました。

 

 本年度スローガンを「繋ぐ想い」~咲かせよう未来への花 夢・希望を満ち溢れさせるために~とさせていただきました。様々な時代背景の中、私達がこうして存在しているのはなぜなのか。今、こうして生活ができているのは、先達が大きな試練に挑み、未来の姿を想い描きながら築き上げられたから他なりません。時代が求める理想は変わりゆくものですが、いつの時代もまちの発展と地域住民の幸せを願って勇気をもち、行動してきた人たちがいました。私達は、このまち・地域が好きだからこそ感謝の気持ちをもち、今を生きる私達は、「繁栄の礎」を継承していくと共に、希望をもってこの地域の輝き放つ未来を描いていく事が必要不可欠です。すべては未来のこの地域に住まう人々の為に他ならないと考えます。自分達のまちをより良い環境に導くには、そこに住まう一人ひとりの無関心を関心に、関心を意識に、意識を行動に変えていく事が必要です。まずは、責任世代といわれる二十代から四十代までの私達青年が、激動する社会に目を背けず立向い、より次元の高い修練の場である青年会議所活動を通して成長を図り、積極果敢に行動し、この地域の発展につながる運動を弛まなく続けていく必要があります。

 関わるすべての人への感謝の御恩を感じ、すべての関わりの中から、より大きな運動へ紡いでいきます。未来の事は誰にもわからないが、今、未来を創っているのは私達である事だと信じて活動して参ります。

 最後になりますが、一年間、栗山青年会議所の運動を地域の皆様のご理解とご協力を得ながら創り上げていくと共に、皆様のご多幸とご健勝を心よりご祈念申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。

 

2017年元旦

一般社団法人栗山青年会議所

第49代 理事長 中井 浩輝

 


事業告知&NEWS