副理事長並びに専務理事 基本方針


副理事長 基本方針

副理事長  山本 克幸

 

 昨今、地方においては人口減少を起因とした、労働力の低下による地域経済活動の減速、地域の空洞化による人間関係の希薄化、地域のアイデンティティを培った伝統行事の縮小・廃止など様々な影響がでている中で、我々はこの問題解決に向け、南々そらちに数多く潜在する「たから」を見出すとともに、それを結び合わせ地域が一体となることで新たな価値を創造できる、夢と希望が溢れ躍動した社会の実現に向け挑戦する必要があります。 

 まずは、地域住民がスポーツを通じて幸福で豊かな生活を営める社会を創出するために、年齢や性別、障がいの有無や競技のレベルを問わず、個々の適正に応じた楽しみや自己成長を育むことができる生涯スポーツの環境を整備することで、地域交流の拡充を図ります。そして、持続的な地域活性の好循環を生み出すために、我々が展開している「スポーツマチゲンキ PROJECT」の下、スポーツを通じた地域活性化を確立している先進事例をモデルとすることで、この地域の希望となるプロスポーツチームを輩出し、誰もが夢や希望を抱けるまちづくりを推進します。さらに、南々そらちが広域化による活力を取り戻すために、各団体と協働でふるさと田舎まつりを開催し、豊かな大地で育まれた食の価値とそれを取り巻く人の存在を掛け合わせることで、南々そらちの魅力を発信し食と人の結びつきを創出します。また、この地域のブランド力向上と地域住民の郷土愛をより強くするために、食として既存する多様なアイデンティティを結びつけた新たな商品の開発に挑戦することで、先達から紡がれるこの地域の恵みを未来へ繋がる価値へと昇華させます。

 この地域に住む人々と我々青年経済人が手を取り合い先達から受継ぐ伝統や文化と若者の力を融合させることが躍動する社会を実現する原動力となり、地域の更なる飛躍と発展に向けた新しい「たから」の創出が、結いの精神による夢と希望溢れる未来を創造します。 

 

<事業計画> 

1.スポーツ関連事業 

2.ふるさと田舎まつり 


副理事長 基本方針

              副理事長  菊池 孝太

 

 近年、地域への愛着やつながりの希薄化が進み、地域活力の低下などが深刻な問題として顕在するばかりか、故郷の伝統や文化、自然と十分に触れ合う機会がなく、地元を離れて行く若者の地域への無関心が問題視されています。我々はこの現実から目を背けず、明るい豊かな社会に向けて南々そらちの住民から意識と意欲を手繰り寄せ、地域に根付く魅力と新たな価値が創り出すつながりから、夢と希望溢れる地域を創造することが必要です。 

 まずは、南々そらちが持続的且つ包括的な地域社会へと発展していくために、自然・食文化・伝統文化などの地域資源を対象に、この地域を訪れる人々が感じる価値を定量的に調査・分析し、満足度の高い価値を生むとともに、我々が観光地域づくりの舵取り役となり近隣市町村の多様な主体との協働から各地域の特性を活かした包括的な仕組みを作り、地域住民が誇れる力強い故郷を創造します。さらに、未来を担う子供たちがこの地域から価値を見出す人財となるために、日本人が大切に育んできた人間関係を、子供たち自身が体感することで自分の世界を広げ、多くの価値観を享受するとともに希望と価値を見出す機会を図り、地域を担う人財へと促すことから心に充足感が溢れる人財へと導きます。そして、地域への誇りと愛着を醸成するために、夕張川自然再生協議会を始め、行政・団体・企業との新たな協働に向けた体制づくりを推進するとともに、夕張川から波及する豊かな自然の魅力を最大限に引き出し継続的な実践と情報の伝播により地域住民の意識を手繰り寄せることから流域住民が隔たりなく結ばれる「ローカルネットワーク」を構築します。 

 弛まない南々そらち住民の意識と意欲により、地域住民を巻き込み生み出される新しい価値が地域の可能性を高め未来への希望と地域住民の活力から「最大の価値」が培われ、地域住民自身が誇れるまちを形成し、結いの精神による夢と希望溢れる未来を創造します。 

 

<事業計画> 

1.DMO推進事業 

2.青少年育成事業 

3.夕張川関連事業 

 


専務理事 基本方針

              専務理事  仲野 拓郎

 

 栗山青年会議所は昭和44年の創立以来、明るい豊かな社会の実現に向けて、今日まで地域の未来を創造する一人ひとりの意識によって連綿と継承されてきました。我々は、先輩諸氏が築き上げてきた運動の礎となる組織基盤と、熱き想いを受け継ぐとともに、メンバー一人ひとりのマチを想う意識を手繰り寄せ、総力を結集した組織運営による「結いの精神」を基軸としたこの地域に新たな価値を創造する運動事業を展開する必要があります。 

 まずは、栗山青年会議所が一致団結した組織となるために、メンバー全員に月1回の専務訪問を行い、一人ひとりのJCに対する意識を手繰り寄せ、全員の出席が必須である諸会議への参加を促すことで組織力を強化します。そして、メンバー全員が運動事業に邁進できる環境を整えるために、事務局との迅速な連携及び徹底した財務管理を行うことで、誰からも信頼される組織運営を遂行します。さらに、地域を想う多くの意識を手繰り寄せるために、南々そらち4町の各種広報媒体を活用した広報活動を行い、我々が展開する運動事業の目的と未来へのビジョンを広域に伝播することで、地域住民の更なる賛同と期待を獲得します。また、同じ志を持つ近隣JCとの絆を深めるために、4JC合同例会に参画し、同志との交流から多くの学びや気づきを得て、様々な情報を交換する機会を図ります。そして、我々の運動を新たな視点から捉え、より良いものへと導く足がかりを得るために、北海道地区協議会・日本青年会議所・JCIが主催する事業への参画と連絡調整を行い、情報を共有することでメンバー自身の成長からLOMの成長へとつなげていきます。 

 栗山青年会議所の最大の価値であるメンバーのマチを想う意識の結集が南々そらちの各関係団体や行政、地域住民と我々とのむすひへと昇華し、地域住民から更なる信頼と賛同を得る組織へと進化していくことで、結いの精神による夢と希望溢れる未来を創造します。 

 

<事業計画> 

1. LOMの組織運営、諸会議の円滑な運営(総会、理事会、例会、その他行事) 

2. 事務局連携及び財務管理 

3. SNS、WEBまおい、広報「まおい」、くりやま広報、各新聞社を用いた広報 

4. 4JC合同例会 

5. 本会、地区協議会、JCIが主催するファンクションへの連絡調整、参加推進

委員長 基本方針


たから意識確立委員会 基本方針

 

委員長  吉川 征希

 

 

  この南々そらちは、人口減少や少子高齢化などによる地域社会の縮小や人間関係の希薄化により、先達の幾多の挑戦と創意工夫により生み出された豊かな地域資源を十分に有効活用できずにいます。この地域に暮らす我々には、この地域に既存し潜在する数多くの地域資源が十分に認識され、それらの結びつきにより創造される新たな「たから」を、地域一体となって未来へとつなぎ、夢と希望に溢れ躍動するまちづくりをする必要があります。 

 まずは、スポーツを通じた地域コミュニティの構築と地域交流の拡大のために、観光資源とスポーツを融合した事業を実施するとともに、地域住民がスポーツに触れる機会を多く創出することで、スポーツの魅力を多くの人に伝播し、スポーツで躍動する南々そらちを創造します。そして、地域資源としてスポーツの価値を高めるために、スポーツを「観ること・支えること・すること・つくること」の分野で地域特性を分析・研究し、スポーツの力が地域に生む効果を明示し共感と協働を創出することで、プロスポーツチームの輩出に向けて挑戦し、夢と希望に溢れ躍動するまちづくりをします。さらに、南々そらちの強みである食により地域活力を向上させるために、ふるさと田舎まつりでは食と地域資源の魅力を発信し、南々そらちで活動する各企業・団体と協働することで、広域連携により継続して魅力を発信できる環境を整備し、そこに付随する食と人の結びつきを創出します。また、この地域の恵みをより魅力的なものにするために、食をテーマに新たな商品開発に挑戦することで、地域ブランドを創出し、未来と結びつく新たな魅力へと昇華させます。 

 この地域の住民や団体・企業とともに描く新たな価値の創造に向けた挑戦が、この地域に対する人々の意識を手繰り寄せ、先達が作り上げた豊かな地域資源と付加価値を結びつけた新たな「たから」の創出となり、結いの精神による夢と希望溢れる未来を創造します。 

 

<事業計画> 

1.スポーツ関連事業 

2.ふるさと田舎まつり 


結の精神確立委員会 基本方針

 

委員長  西岡 政則

 

 

 近年、顕在する人口動態の悪化・地域経済の悪循環が問題視されており、地域ではふるさとの伝統や文化に触れ合う機会が減少し、郷土に対しての無関心から派生する若者の流出や地域活力の低下が加速しています。我々は、地域の課題に真摯に向き合い、南々そらちの広域連携から明るい豊かな社会にむけて、関係諸団体や地域住民との結びつきのなかから新たに創出されるつながりによって、夢と希望溢れる地域を創造することが必要です。

 まずは、南々そらちの交流人口の拡大、リピーター率向上のために、各地域の多様な主体との観光振興に着眼した交流から、情報交換・戦略の策定をする機会を図るとともに、来訪者への余暇に適する地域資源を基に、明確な地域のコンセプトを定めDMOを立ち上げ、地域住民に伝播することで、地域の垣根を超えた連携と持続的な発展へと促し、地域で「稼ぐ力」を創造します。そして、未来を担う子供たちが地域の未来を切り拓く人財となるために、地域の伝統文化をはじめ、自然や地縁的なつながりから多くの魅力や価値観に触れ、人間性・社会性を育み、明るい豊かな地域に向けて共に創造することで、子供たちのふるさとに対するアイデンティティを高め、地域愛に満ち溢れた人財へと導きます。さらに、夕張川の豊かな自然環境を通してふるさとの価値を高めるために、夕張川自然再生協議会と共創し、サケ・マスの自然産卵を身近に体感出来うる運動を展開するとともに、地域企業の社会貢献に対する意欲と次代を担う子供たちの夢や希望を手繰り寄せることで、新たな流域意識を拡大し、夕張川がもたらす結びつきからふるさとの価値を高めます。 

 我々は、関係諸団体や地域住民との多くの結びつきのなかから創出される新しい価値を南々そらちに浸透させ、新たな可能性やつながりが地域の最大の魅力となり、地域愛溢れる人財と誇りのもてるふるさとから、結いの精神による夢と希望溢れる未来を創造します。 

 

<事業計画> 

1.DMO推進事業

2.青少年育成事業

3.夕張川関連事業 


創立50周年実行委員会 基本方針

 

委員長  池渕 拓允

 

 

 創立50周年を迎える本年、我々を取り巻く環境は、生産年齢人口の減少や高齢化に歯止めがかからず、地方経済の衰退や財政の不健全化に端を発する公共サービスの低下が助長され、近い将来において自治体ごとでの自立した存続が危惧されております。故郷の価値をむすひ我々青年は、永き歴史への感謝を抱くとともに、地方だからこそ描ける眩い夢と大きな希望を強く握りしめ、輝く未来へ向かう確かな一歩を踏み重ねる行動が必要です。 

 まずは、我々が今後も持続的且つ実現性の高い公益的運動を展開していく土台をより強固なものとするため、創立50周年記念式典・記念祝賀会を開催し、同志である各地青年会議所やOB諸兄・日頃より我々の運動において欠かせない各関係団体の皆様に対し、感謝の意を表すと同時に60周年に向けた新たな決意を示します。そして、自治体ごとでの括りでは先細りするであろう「教育・健康・観光・人財育成・コミュニティ形成」などの地方ならではの社会問題を、広域化による総合力で打破していくため、スポーツが基盤となる公民連携の事例をロールモデルとした、自治体を跨ぐ有機的な生活経済圏の結び付きを見いだし、地域住民の社会的且つ精神的豊かさを育む新たな地域資源の創造に挑戦します。また、過去から息吹くこの地域のスポーツという資源価値が、今後も地域住民に夢や希望を付与し続けていくため、スポーツを取り巻く多様な主体が交わり、大人も子供もが故郷への誇りや将来への期待値を高め想いあい、共に熱狂する機会を創出し、スポーツを「する人」「観る人」「支える人」の連動からなる社会関係資本の好循環を生み出します。 

 尊い歴史への敬意と感謝から育まれる先を見据えた青年らしい行動力が、地域住民の意識や行動を変え、創始から歩み続ける大志や我々を取り巻く多様なたからを手繰り寄せあい、過去から未来への道筋を照らし、結いの精神による夢と希望溢れる未来を創造します。 

 

<事業計画> 

1.創立50周年記念式典 

2.創立50周年記念祝賀会 

3.創立50周年記念事業 

4.創立50周年事業に関する運営と調整 


総務委員会 基本方針

 

委員長  三浦 悟

 

 テクノロジーが日々進歩し、デジタルな世界で地域が無縁化している一方で、栗山青年会議所は人と地域のより良い結びつきと明るい豊かな社会を希求しながら、地域の価値の再認識と故郷への愛を胸に様々な運動を専心してきました。我々は先輩諸氏から脈々と受け継がれてきた志を継承し、信念を共有させ具現化できる組織力の向上と、メンバー自身がより強く理想と夢を抱き、意欲的に運動事業が展開できる効果的な環境作りが必要です。 

 まずは、我々の運動事業が地域の新たな価値創造の道標となるために、諸会議の円滑な運営に務め、積極的な声掛けで出席率を高め、メンバー一人ひとりに積極的な発言や意見を促しJCに対する意識をより高めるとともに、事務局と結束し徹底した情報伝達と厳正なる財務管理で運動事業に団結できる環境を作ります。そして、関係諸団体、諸先輩方とのさらなる関係構築・連携強化を図るために、新年交礼会を開催し、日頃の御礼や本年度の運動方針を伝えることで、相互的信頼関係を築きます。また、地域や住民とより有機的に密着するために、南々そらち4町の各種広報媒体を活用させ、地域発展の情報発信をより有効的に拡充していきます。さらに、メンバーの新たな地域ビジョンと意識の成長の機会を拡げるために、北海道地区協議会・日本青年会議所・JCIが主催する運動事業への参画をメンバーに積極的に促し、新たな運動事業の活力と発展に繋げます。そして、LOMから地域社会に寄与できる将来の人財育成のために、入会歴の浅いメンバーに対しLOMアカデミーを開催し、JAYCEEとしての意識と目的観を養い自己の成長を図ります。 

 我々の多様な価値観を相乗させつつも、高い主体性と目的意識を統一させる強固な組織運営を基として、地域の多彩な魅力を連鎖的に発展させる運動事業と情報発信で新たな価値を見出し地域の背骨となることで、結いの精神による夢と希望溢れる未来を創造します。 

 

<事業計画> 

1.LOMの組織運営、諸会議の円滑な運営(総会、理事会、例会、その他行事) 

2.事務局連携及び財務管理 

3.新年交礼会 

4.SNS、WEBまおい、広報「まおい」、くりやま広報、各新聞社を用いた広報 

5.本会、地区協議会、JCIが主催するファンクションへの連絡調整、参加推進 

6.LOMアカデミーの開催 


各種リンク先






現役メンバー企業




一般社団法人栗山青年会議所 事務局

〒069-1511 夕張郡栗山町中央2丁目1 栗山商工会議所内

TEL&FAX:0123-73-2345

担当:笹嶋 基樹