副理事長並びに専務理事 基本方針


副理事長基本方針

副理事長  池渕 拓允

 

日本各地方で共通し顕在する、人口動態の悪化・地域経済の悪循環・町民の非当事者意識による地域力の低下は、私達が住むこの南々空知においても目下の問題です。私達青年世代は、これらの問題を課題形成し、先達から行われてきた持続的な尊い運動を紡ぎながら、今の環境に感謝の念いを持ち、自己成長を促進させ、地域の特色を活かし多様な主体の連携を図り、明るい豊かな未来創造に向けた、確然たる漸進的運動を行う事が必要です。

まずは、交流・定住人口増加に向けた方向性を示す為に、地域間の連携を図り、数多ある社会資本や可視化されない付加価値を複合化し、地域価値の特色・魅力を発信します。そして、子供達をより健全なる成長へと導く為に、この地域が誇る潤沢な自然環境と触れ合う機会を創出し、感性・知性からなる豊かな心を醸成します。さらに、スポーツを通じた一体感創出・地域活性の為に、スポーツ関連事業の意義や魅力を地域住民に明示し、この地域の新たな可能性を発信します。また、地域社会に更なる活力を与えるJC運動を展開し続ける為に、対内の拡大ツールを整備し、戦略的・持続的な会員拡大を実施します。そして、私達自身が地域活性の主体的人財と成る為に、JC運動の意義を再認知する機会を創出し、メンバーの目的意識を育みます。さらに、この地域間の連携強化・地域価値向上の為に、「ふるさと田舎まつり」を共催する事で、この地域の資源価値を効果的に発信し、この地域の可能性を拡大します。また、地域住民の更なる郷土愛醸成の為に、「夕張川自然再生協議会」と連携・協力し、サケ・マスの自然産卵に向けた課題に取り組みます。

地域社会に存在する数多ある資源を基礎として、多様な主体と連携・協力し、まちの活力と魅力を高め発信していく事で、現代におけるヒトとヒト・地域と地域が繋がり、このまちの地域住民自身が誇れる故郷を形成し、この地域の輝き放つ未来へと繋いでいきます。

 

<事業計画>

1.地域活性化事業

2.青少年育成事業

3.スポーツ関連事業

4.会員拡大事業

5.会員資質向上事業

6.ふるさと田舎まつり(共催事業)

 

7.夕張川自然再生協議会(共催事業)


専務理事基本方針

              専務理事  西岡 政則

 

栗山青年会議所は、「明るい豊かな社会の実現」に向け、先輩諸氏よりまちづくりの志と法人格を有する団体とした透明性のある組織運営が受け継がれ、負託と信頼から地域に根差した運動事業を先駆けて展開してきました。私達は、先輩諸氏が紡いできた志と時代に即した運営基盤を受継ぎ、組織の成長を図りながら、透明性ある組織運営・諸規定の順守を促し、一人ひとりの自覚や責任感醸成を図り、輝き放つ未来へと繋ぐ必要があります。

まずは、信頼性と透明性を保持するとともに、機能的かつ効率的な組織運営を行うことで、根幹となる財務管理・予算執行の適切な管理及び事務局との連携に努め、能率性の向上を図ります。そして、運動事業の基盤となる諸会議の建設的な議論を促すために、アジェンダシステムの的確な運用を行い、諸会議の取りまとめや諸事業の議案を迅速に精査し、正確性を高めることで、円滑で的確な会議運営を推進します。さらに、栗山青年会議所運動が、更に多くの方々から認識・共感されるために、既存の発信媒体の活用と新たな発信方法を模索し、かつ、広報戦略を定期的に見直す機会を設けることで、LOMの運動事業を活発にし、対外に向けより広く発信します。また、メンバーが同じ志を持った4JCの仲間とより深い絆を築くために、4JC合同例会へ参画し、事業や交流の中から新たな気づきを得て頂き、活発的なLOM活動を創出します。そして、メンバーのまちに対する想いの意識変革を促すために、地域イベントや諸会議をはじめ、北海道地区協議会・日本青年会議所・JCIが主催する事業へ参加し、多くの気づきと学びや意識向上を図ります。

我々は、組織としての規則を重んじ、透明性のある運営基盤と一人ひとりがJAYCEEとして地域の為に自ら行動し輝くことで、負託と信頼から地域に根差した運動を創造し、メンバーと付帯する多くの事柄を通して、この地域の輝き放つ未来へと繋いでいきます

 

<事業計画>

1.LOMの組織運営・事務局との連携及び財務管理

2.諸会議の円滑な運営

3.事業の広報活動及び管理

4.4JC合同例会の開催

5.北海道地区協議会・日本青年会議所・JCIが主催するファンクションへの

 

連絡調整・参加推進